【学会推奨】歯磨き粉を使った後のうがいは最小限で!正しい歯磨き粉の使い方

むし歯予防に大きな役割を果たす、フッ化物配合の歯磨き粉。市販されている歯磨き粉はほとんどがフッ化物配合であり、皆さん日常的に使用されていると思います。

2023年1月に歯科関連学会から、フッ化物配合歯磨き粉の推奨される使用方法が発表されました。

その内容について抜粋してこのブログで紹介したいと思います。

歯磨き粉の適正量

歯磨き粉の適正量は「歯ブラシ全体につける(1.5~2cm程度)」となっています。

5歳までの小児は使用量の調整が必要で、歯が生えてから2歳までは米粒程度(1~2mm程度)、3~5歳までは「グリーンピース程度(5mm程度)」となっています。

歯磨き粉は歯ブラシ全体につけると、泡立って口の中が歯磨き粉でいっぱいになるので、なんとなく磨いた気になって磨き残しができないよう注意は必要です。

 

歯磨き粉のフッ化物濃度

推奨されるフッ化物濃度は「1400~1500ppm」です。

日本で使用できる歯磨き粉のフッ化物濃度の上限は1500ppmと定められており、市販品で高濃度フッ素配合を謳うものはその上限を超えないように1450ppmの歯磨き粉が販売されていることが多いです。

歯磨き粉のパッケージにフッ化物濃度が書かれていることが多いですので、チェックしてみてください。

なお、5歳までの小児はフッ化物濃度「900~1000ppm」のものを選びましょう。

 

歯磨き粉の使用方法

使用頻度としては、「就寝前を含めて1日2回の歯みがき」が推奨されています。

1日3回毎食後に歯みがきしても問題はないと思いますが、「1日2回」なのには文献的な根拠があります。

以前このブログの別の記事で説明していますので、気になる方は読んでみてください。

1日に何回歯を磨くのがいい?

 

そして、歯みがきの後は、歯磨き粉を軽くはき出すだけ。うがいをする場合は少量の水で1回のみとすることが推奨されています。

つまり、フッ化物がなるべく口の中に残って歯に作用してくれるのを期待しているわけです。

歯磨き粉が口の中に残っていると気持ち悪くて何度もうがいしてしまいがちですが、フッ化物の効果を最大限発揮させるには、なるべくうがいは避けたほうがよいでしょう。

なお、2歳までの幼児はうがいするのが難しいですので、ティッシュなどで歯磨き粉を軽く拭き取ってもよいとしています。

 

以上、歯科関連学会からの発表を紹介させていただきました。

内容を詳しく知りたいという方は発表記事のリンクを貼りつけていますので、ご参照ください。

「4学会合同のフッ化物配合歯磨剤の推奨される利用方法」

https://www.kokuhoken.or.jp/jsdh/news/2023/news_230106.pdf

 

よしざきファミリー歯科
〒662-0863 西宮市室川町10-27-1F
診療時間 9:00〜13:00 14:00〜18:00
休診日 水曜日・日曜日・祝日
℡0120-12-8020
HPはこちら

歯周病を防ぐために最も重要なことは歯科医院に通うことなのか!?

歯科医院に通っていれば歯周病は大丈夫と思っている方いませんか?

歯周病を防ぐために歯科医院に通院するのはとても大切なのですが、実は自分自身で行うセルフケアも同じくらい重要なのです。

今回は歯周病に対するセルフケアの重要性について解説していきたいと思います。

歯周病とは

そもそも歯周病とは、歯に付着した歯周病原菌が除去されずに慢性的な炎症を起こすことで歯を支える骨が少しずつ溶けていく病気です。

歯周病は重度になるまで何も症状を起こさないことも多く、進行すると歯がぐらぐら揺れて抜け落ちることもあります。

歯周病を防ぐ方法

歯に付着した細菌はすぐに増殖してプラークという細菌の塊を形成します。

このプラークが付着している時間が長いほど歯周病のリスクは高まります

そのため歯周病を防ぐには、歯磨きをしてこまめにプラークを落とす必要があるのです。

セルフケアの重要性

歯周病予防におけるセルフケアの重要性を説明するのに以下のような例を見ていきたいと思います。

歯科医院に月に1回(30日に1回)通ってクリーニングを受け、家で全く歯を磨かなかった場合・・・

クリーニングした日はきれいですが1日も経てばプラークは付着するので、歯にプラークが付着している日数は1カ月間で29日ということになります。

逆に歯科医院に通っていなくても、1カ月毎日完璧に歯磨きできていた場合・・・

歯にプラークが付着していた日数は1カ月間で0日です。

歯科医院への通院と異なり、セルフケアは日常的に行うものなので、プラークが付着している時間を短くするにはセルフケアは非常に有効な手段なのです。

歯科医院への通院は不要?

それではセルフケアしていれば歯科医院への通院は不要なのかと言われると、そうではありません。

ブラッシングを丁寧に行っていてもセルフケアで汚れを100%落とすことは難しいため、ブラッシングが行き届きにくい部分の汚れを歯科医院で除去することができます。

また、歯石が付着している場合はブラッシングで落とすことはできません。歯科医院にある専用の器具でなければ歯石を落とすのは難しいのです。

実は歯石自体は歯周病に対する直接的な病原性はないと言われています。しかし歯石があることでプラークが付着する足場となってしまうのです。そのためプラークが付着しにくい環境を作るためにも歯石除去が必要です。

まとめ

・プラークが付着している時間が長いほど歯周病のリスクは高まる

・歯周病予防のためにはセルフケアが非常に重要

・歯科医院への定期的な受診も必要

 

よしざきファミリー歯科
〒662-0863 西宮市室川町10-27-1F
診療時間 9:00〜13:00 14:00〜18:00
休診日 水曜日・日曜日・祝日
℡0120-12-8020
HPはこちら

根管治療が必要な理由 ~無菌的処置の重要性~

歯科医院で「歯の根っこの治療(根管治療)が必要です」と言われた方。

どうして必要?何をするの?と疑問に思われる方もいるかと思います。

今回は「根管治療」について解説します。

 

根管治療とは

むし歯が大きくなって歯の内部にある神経(歯髄)にまで到達すると、歯髄に炎症が起きて強烈な痛みが出たり、さらに経過すると歯髄は壊死してしまいます。

このように歯髄に炎症が起きたり壊死してしまうと、歯髄を除去し、歯髄が入っているスペースを清掃・消毒する必要があります。

この歯髄が入っているスペース(根管)を清掃・消毒する治療が「根管治療」です。

なぜ根管治療は必要か?

実は歯根の先端には歯髄が入ってきていた小さな穴(上の図の赤い矢印)があります。

歯髄が壊死して根管の中で感染物が増えると、この小さな穴を通って歯の外に感染物が出ていき、歯根の先の周囲に炎症を起こします。

この炎症により「噛むと歯が痛い」などの症状が出ることがあります。

炎症が継続すると歯根の周りの骨は溶け、膿が溜まります(膿瘍)。

この状態を改善するためには、感染の発生源である根管内をきれいにする必要があります。

きれいにすることで歯根の周りの炎症も引いていき、症状が改善します。

 

過去に根管治療を受けた歯の再治療が必要になることも多い

過去に根管治療を受けた歯についても、年数がたち根管の中で細菌が繁殖してしまうと再び根管治療が必要になります。

そのため根管治療では根管の中になるべく細菌が入り込まないようにするのが大原則となります。

具体的には、唾液が根管の中に入り込まないようにします

唾液にはかなり多くの細菌が含まれていると言われていますので、唾液が入り込まないように治療を行うことが重要になります。

ラバーダムを用いて唾液をブロックする

よしざきファミリー歯科では、根管治療を行う際には「ラバーダム」を用いています。

↑ラバーダム

ラバーダムはゴムのシートを用いて治療する歯を隔離する治療法のことです。

ラバーダムを使用することで唾液の侵入をブロックできるため、当院ではラバーダムは根管治療に必須と考えています。

まとめ

・根管内を清掃・消毒することで、歯根の先の炎症を改善することができる

・根管の中に唾液が入り込まないようにすることが重要

・唾液の侵入を防ぐにはラバーダムが有効

 

よしざきファミリー歯科
〒662-0863 西宮市室川町10-27-1F
診療時間 9:00〜13:00 14:00〜18:00
休診日 水曜日・日曜日・祝日
℡0120-12-8020
HPはこちら

親知らずの抜歯、どんな時に必要?

こんにちは、西宮市室川町のよしざきファミリー歯科の勤務医ほりいです。

何かと問題を起こすことのある「親知らず」。親知らずをまだ抜いてないけど、抜いたほうが良いか気になっている方いらっしゃるかと思います。

親知らずは正常に生えてこないことがあり、抜いておいた方がよい場合が多くあります。

親知らずを抜いておいたほうが良い場合と、残しておいても差し支えない場合はどのように判断するのでしょう。説明していきたいと思います。

 

<親知らずを抜いたほうが良い場合>

親知らず周囲の炎症(智歯周囲炎)を起こしたことがある、起こすリスクが高い

親知らずは歯の一部が口の中に露出していたりすると汚れがたまりやすく、炎症を起こすことがあります。

親知らずが原因で手前の歯にむし歯や歯周病ができている

親知らずは一番奥に生えてくることもあり、十分に歯ブラシが届かずに親知らず自体や親知らずの手前の歯にむし歯や歯周病ができることがあります。

wisdom tooth

 

できもの(腫瘍や嚢胞など)の原因になっている

親知らずを含むできものがある場合は、できものを取り除くとともに親知らずを抜く必要があります。

 

<親知らずを残しておいてもよい場合>

親知らずが正常に生えて機能している

親知らずがまっすぐに生えて噛み合っている場合は残しておいても問題ありません。

骨の中に完全に埋まっていて、特に症状が無い

骨の中に完全に埋まっている親知らずは基本的に汚れが溜まることはありませんので、残しておいても問題ないことが多いです。

歯の移植に利用できる可能性がある

「歯の移植」というのは、親知らず以外の他の奥歯が抜かざるを得ない状況になった時に、歯を抜いた後に親知らずを移植するという方法です。確実に成功するという方法ではありませんが、親知らずを残しておくことで治療オプションが増えることがあります。

矯正治療に利用することができる

親知らずの手前の歯を抜いた後に、矯正治療で親知らずを手前に持ってくることなどができる場合があります。

 

すぐに抜歯できない時がある

ちなみに、親知らずに症状が出てから受診される方は多いですが、親知らずの周りに強い炎症(強い痛みや腫れを伴っている状態)がある時にはすぐに歯を抜くことはできません。

歯を抜くときには局所麻酔を使用しますが、炎症が強いと麻酔がほとんど効かないのです。

強い炎症がある時には化膿止めを使用するなどして一旦炎症を落ち着けてから後日抜歯をします。

 

親知らずの炎症は、免疫が低下している人では入院が必要なくらい重篤になることもあり、決して侮れません。

親知らずを抜こうか迷っている方は、ぜひ症状が出る前に早めにご相談ください。

 

よしざきファミリー歯科
〒662-0863 西宮市室川町10-27-1F
診療時間 9:00〜13:00 14:00〜18:00
休診日 水曜日・日曜日・祝日
℡0120-12-8020
HPはこちら

1日に何回歯を磨くのがいい?

こんにちは。西宮市室川町のよしざきファミリー歯科の勤務医ほりいです。今回は「1日に何回歯を磨くのがいいか」を話題にしていきたいと思います。

むし歯や歯周病にならないためには一日に何回歯を磨くのが効果的なのでしょう?

むし歯にならないために1日の歯磨きの回数を何回にするのが効果的なのか調べた研究があります。1)

その研究によると、①一日に1回以上歯磨きする人は、1日に1回もしない人よりもむし歯が発生しにくい、②一日に2回以上歯磨きする人は、1日2回未満の人よりもむし歯になりにくい。また、1日2回と3回ではむし歯の発生に差は認められていません。すなわち、むし歯を防ぐには1日に2回以上歯を磨くのが効果的のようです。

歯周病については、どれくらいの期間で歯肉炎が発生するか調べた研究があります。2)

その研究では、2日に1回(48時間に1回)プラークコントロール(歯磨き+フロス)した場合、1日に2回(12時間に1回)のものと同様に歯肉の健康状態を維持できた。しかし、この間隔が48時間を超えると歯肉炎が発症したという結果でした。1)のむし歯の研究とは全く異なる研究であり、同列に比較できるものではありませんが、歯周病を防ぐには少なくとも2日に1回は歯磨きをする必要があるようです。

以上のことから考えると、むし歯と歯周病の両方を防ぐためには、1日2回以上の頻度で歯を磨くのが効果的のようです。

しかしながら歯磨きの回数は重要ですが、歯ブラシが当たっていない部分は何日も磨いていないのと同じで、磨き残しがあるとやはりむし歯や歯周病は進行します。毎回の歯磨きを丁寧に行い、むし歯の原因となるプラークをしっかり落とすことも重要です。

当院では毎回の歯磨きの質を高めるために、歯磨き指導を行っていますので、ぜひご活用ください。

<参考文献>

1)  Kumar S, Tadakamadla J, Johnson NW. Effect of Toothbrushing Frequency on Incidence and Increment of Dental Caries: A Systematic Review and Meta-Analysis. J Dent Res. 2016; 95(11): 1230-1236.

2)  Lang NP, Cumming BR, Loe H. Toothbrushing frequency as it relates to plaque development and gingival health. J Periodontol 1973;44(7):369-405.

 

よしざきファミリー歯科
〒662-0863 西宮市室川町10-27-1F
診療時間 9:00〜13:00 14:00〜18:00
休診日 水曜日・日曜日・祝日
℡0120-12-8020
HPはこちら

歯周病治療の最終兵器 歯周外科の研修会を受講しました

こんにちは。よしざきファミリー歯科の院長よしざきです。

この週末は歯周外科の研修会を受講するために、よしざきファミリー歯科では6月20日にお休みをいただいておりました。

続きを読む 歯周病治療の最終兵器 歯周外科の研修会を受講しました

 

よしざきファミリー歯科
〒662-0863 西宮市室川町10-27-1F
診療時間 9:00〜13:00 14:00〜18:00
休診日 水曜日・日曜日・祝日
℡0120-12-8020
HPはこちら

歯医者が教える歯ブラシの選び方 その1

こんにちは。よしざきファミリー歯科の院長よしざきです。

薬局やスーパーでずらっと並んだ歯ブラシを目の前にして、どの製品を選んだらいいのかと途方にくれたことはありませんか? 金額もまちまちで5本セット100円というものがある一方、1本で1000円近くするものもありますよね。 歯ブラシを選ぶ際に絶対に外してはいけないポイントが1つあります。それは・・・

続きを読む 歯医者が教える歯ブラシの選び方 その1

 

よしざきファミリー歯科
〒662-0863 西宮市室川町10-27-1F
診療時間 9:00〜13:00 14:00〜18:00
休診日 水曜日・日曜日・祝日
℡0120-12-8020
HPはこちら

歯医者が教える正しい歯磨き粉の選び方

こんにちは。よしざきファミリー歯科の院長よしざきです。

ドラッグストアやスーパーの歯磨き粉コーナーに行くと様々なメーカーの色とりどりの歯磨き粉が整然と並んでいます。どの商品があなたにとって最も適した歯磨き粉なのか知りたくはないですか?日本で市販されている数多くの歯磨き粉の中であなたに適している物・・・気になりますよね?

続きを読む 歯医者が教える正しい歯磨き粉の選び方

 

よしざきファミリー歯科
〒662-0863 西宮市室川町10-27-1F
診療時間 9:00〜13:00 14:00〜18:00
休診日 水曜日・日曜日・祝日
℡0120-12-8020
HPはこちら