歯医者が教える正しい歯磨き粉の選び方

こんにちは。よしざきファミリー歯科の院長よしざきです。

ドラッグストアやスーパーの歯磨き粉コーナーに行くと様々なメーカーの色とりどりの歯磨き粉が整然と並んでいます。どの商品があなたにとって最も適した歯磨き粉なのか知りたくはないですか?日本で市販されている数多くの歯磨き粉の中であなたに適している物・・・気になりますよね?


国内で販売されている歯磨き粉であれば
どれを選んでも大差はありませんが
”歯を白くする”、”ステイン除去”、”ホワイトニング”
といった謳い文句の商品は避けたほうが無難です


 

よしざきファミリー歯科に来院していただいている方には

“どの歯磨き粉を使ってもらっても大差ありませんよ”

とお答えしています(笑)

あなたは歯磨き粉を使うことでどのような効果があると期待していますか?
むし歯を防ぐ?白くする?歯ぐきを引き締める? 色々うかんでくるのではないでしょうか。

テレビのCMでは歯磨き粉を使うことでブヨブヨの歯ぐきがキュッと引き締まるかのようなイメージを作り出しています。いや~、さすがプロが作るイメージ戦略です。うまい!

しかし、歯磨き粉に含まれる“薬用成分”で歯ぐきが引き締まることはまずありません。 これは薬事法とも関係があるのですが歯周病に効果があるといわれる薬用成分も、薬事法の下ではその効果を発揮するほどの濃度を含有できないんですね〜。

歯磨き粉のパッケージをよく見てもらうと

歯周病“治療用”歯磨き粉

などと書いた商品は無いことに気づくはずです。

そう、“治療”は歯医者がするんです。歯磨き粉は医薬品ではありませんのでパッケージをよく見ると

歯周病“予防用”歯磨き粉

と記載しています。

“予防用”ということは歯周病になっていない人がならないように使うものを指しますよね。ブヨブヨの歯ぐきの人が歯磨き粉の薬用成分のみでシャキッと引き締まることはありません!

 

ところで、歯周病予防や歯周病治療では、


 

どんな歯磨き粉を選ぶのか?

よりも

正しいブラッシングができているのか?


 

の方がよっぽど重要なんです。

そうなると歯周病予防に大きな効果がないんだったら歯磨き粉は使わなくてもいいじゃないか?と思う人もいるかもしれません。

いやいや、使ってくださいよ〜!

国内で販売されているほとんどの歯磨き粉にはフッ化物(フッ素)が入っています。それによって”むし歯予防”には効果があるんです。

最後に、歯を“白くする”という製品はあまりお勧めしていません。実は歯磨き粉で”歯そのもの”が白くなることはありません。歯そのものを白くしようと思うなら歯医者に行ってホワイトニングをしましょう。

では、”歯を白くする”といっている歯磨き粉がやっていることは何か?

それは、ステイン(茶渋)を取り除いているのです。そのために、キツイ研磨剤が入っている可能性があって、汚れだけではなく歯そのものも削ってしまう恐れがあるんです。研磨剤の粗さを表すRDAという数値はあります。ありますがドラッグストアや歯磨き粉のパッケージでをそれを見たことがある人はいませんよね?

あまり表には出ない数字のようですので歯磨き粉を選ぶ際には参考になりません。ですので、無難な方法として”白くする”と謳っている歯磨き粉に近づかないことがいいのです。

ステインは歯科医院で安全にとってもらいましょう!

 

 

世界水準の治療を提供する西宮市 室川町のよしざきファミリー歯科は
地域の子供からご年配の方までの口腔の健康を守るため
日々の努力を怠らないことを約束します

よしざきファミリー歯科
〒662-0863 西宮市室川町10-27-1F
診療時間 9:00〜13:00 14:00〜18:00
休診日 水曜日・日曜日・祝日
℡0120-12-8020
HPはこちら